サポート体制について

マンションを賃貸にしたいけれど、どこまで管理することができるのか不安がある、という場合は賃貸管理について充実したサポートシステムを提供してくれる不動産会社を選ぶといいでしょう。

例えば賃貸管理ということで依頼をした場合、マンションの修理や修繕、清掃、家賃の超中、入居者の対応、敷金の清算、退去後のリフォームなどといった業務を不動産管理会社が行ってくれるものです。これなら忙しくて管理業務や賃貸に関する業務ができない、という場合も手を煩わせることがありません。管理会社によっては入居者に関する管理、建物に関する管理、など一部だけを管理してもらうサービスもあります。自分たちでできるところは自分たちで行う、という選択肢もあります。

また、管理業務の委託だけではなく、マンションの価値を上げるための修繕計画や賃料に関するアドバイス、マンションの価値の維持、など不動産の価値を高めるためのマネジメントサービスを提供してくれる不動産会社もあります。ただ管理をしてくれるだけではなく、物件の価値について考えてくれるサービスです。そういったサポートがあれば、マンションを賃貸するメリットが大きくなるでしょう。このようなサポートがあるかどうかも、比較するポイントとなります。

賃料設定について

マンションを貸す際に気になるのが賃料でしょう。マンションを貸すことになっても空き室のままでは賃料は入ってきません。その場合、部屋が空いている、ということに関係なく一定の収入が得られる方法があります。それがサブリースという方法です。

サブリースでは、家賃保証、空室補償がついているので、入居者がいない場合でも収入が得られるのです。また、サブリースには物件の管理をするのが面倒、忙しいので管理業務がおろそかになってしまうかも、と心配は無用です。物件の管理をはじめ家賃の徴収、賃貸借契約手続きなど面倒な作業を不動産会社が行ってくれるのです。入居者の対応もしてくれるので、面倒なことをしなくてすみます。

サブリースとは、不動産会社がマンションを借り上げ、マンションの持ち主の代わりに、第三者に賃貸するシステムです。そのため、空き室になっていても保証をしてくれるので賃料の心配もいりません。焦って入居者を探す必要もなく、入居者とのトラブルなども解決してくれます。マンションの管理一切を行ってくれるという安心のシステムがサブリースです。賃料の心配をしたくない、という場合はサブリースという形で不動産会社に依頼するのも一つの方法でしょう。